クリエイティブストア 冬のボーナスセール開催中
~ 2018年1月18日(木)11:59AMまで

大特価 【数量限定】週末セールも!
12/9~10、16~17、23~24開催
詳細はCreativeJPのfacebookをチェック!

【クリエイティブストア 冬季休暇のお知らせ】
期間:2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)
12/28(木)11:59AMまで のご注文を休暇前の最終出荷とさせていただきます。

入荷待ち商品を含む場合には、商品入荷次第の出荷となります。

プレスルーム

最新のプレスリリース

Creative Technology Ltd社より Sound BlasterX シリーズ向け Aurora Reactive SDK(英語版) 提供のお知らせ

「Sound BlasterX ゲーミングシリーズ」用 1680万色Aurora Reactiveライティングシステム対応、ライティングコントロール用 開発者向け ソフトウェア開発キット(SDK)をCreative Technology Ltd社がリリース
Sound BlasterX シリーズの対応 ゲーミング サウンドカードやスピーカー、キーボード、マウスなどに対応

PC用サウンドカード「Sound Blaster」シリーズや様々なスピーカーやヘッドホン等を開発し、ワールドワイドで展開をしているCreative Technology Ltdの日本法人であるクリエイティブメディア株式会社(東京都千代田区外神田4-7-7、略称:クリエイティブメディア)から以下の情報をご案内致します。

  • Creative Technology Ltd社より Sound BlasterX シリーズ向け Aurora Reactive SDK(英語版) 提供のお知らせ

Creative Technology Ltd社より Sound BlasterX シリーズ向け Aurora Reactive SDK(英語版) 提供のお知らせ

「Sound BlasterX ゲーミングシリーズ」用 1680万色Aurora Reactiveライティングシステム対応、ライティングコントロール用 開発者向け ソフトウェア開発キット(SDK)をCreative Technology Ltd社がリリース

Sound BlasterX シリーズの対応 ゲーミング サウンドカードやスピーカー、キーボード、マウスなどに対応

この度、全世界で延4億人以上ものユーザーに愛されるSound Blaster® ブランドより誕生したゲーミングソリューションを実現する「Sound BlasterXシリーズ」において、「1680万色 Aurora Reactive ライティング システムLED」を搭載する対応製品にて、LEDの発光色や発光パターン、異なる対応製品間でのライティングの同期などが、サードパーティ製ソフトウェア上でコントロールが可能となる、開発者向けの英語版SDK(ソフトウェア開発キット)の提供を、Creative 製品の開発元である「Creative Technology Ltd社」が開始致しました。

2017年10月6日現在において、Aurora Reactiveライティングシステムに対応したSound BlasterXゲーミングデバイス製品は、ゲーミング サウンドカードの「Sound BlasterX AE-5」および製品に付属のLEDテープ/専用別売オプション品の「Sound BlasterX AE-5 ライティング キット」、ゲーミング スピーカーの「Sound BlasterX Katana」と「Sound BlasterX Kratos S5」、ゲーミング キーボード、マウスの「Sound BlasterX Vanguard K08」および「Sound BlasterX Siege M04」となっております。

これらの製品に搭載のAurora ReactiveライティングシステムLEDを、Aurora Reactive SDKとAPI(アプリケーション プログラム インターフェイス)を使用することによって、サードパーティのソフトウェア開発者がAurora Reactiveライティングシステムを制御するプログラムを開発することが可能となります。

この英語版SDKは、サンプル コードとAPIライブラリー、英語ドキュメントで構成され、多くのプログラム開発者の方が比較的容易にソフトウェア開発が行えるようになります。

また、このSDKはAurora Unity機能をサポートしており、ソフトウェア開発者は、前述のAuroa Reatviceライティングシステムに対応した製品同士で、ライティングLEDを同期させて発光させることも可能。また、ポテンシャルとしては、例えば、ゲーム ソフトウェア内で、ゲームのキャラクターがダメージを受けた場合に赤色で光らせたり、敵を攻撃する際にはオレンジに発光するなどといった演出を、Aurora Reactive対応製品エコシステム上に築くといった可能性も拡がります。

ソフトウェア開発者は、ソフトウェア使用許諾に同意した上でCreative Technology Ltd社にご登録頂くと、機能性や性能改善のパフォーマンス アップデート パッチなどの受け取り等を利用する事が可能となる予定です。

Aurora Reactive SDKは、現在 BlasterX.com/AuroraSDK よりダウンロード可能です。



対象製品
2017年10月6日現在



システム要件
こちらのシステム要件は予告なく変更される場合があります。

Aurora Reactive SDK

  • Windows 7以降(32ビットおよび64ビット)
     Windows 10 64ビットを推奨
  • C++ 開発環境

Aurora ReativeライティングシステムLED搭載Sound BlasterX製品

  • 各製品の必要なシステムに準ずる


Aurora Reactive SDK(英語版)の入手先

  • Creative Technology Ltd社 Sound Blaster.com ホームページ 内 「SDK」に関するページ
     BlasterX.com/AuroraSDK


ご注意:
弊社「クリエイティブメディア」では、この英語版SDKやプログラミング等に関する技術的なお問い合わせにはご対応できません。
あらかじめご了承のほど頂けますよう御願い申し上げます。



お問い合わせ先
クリエイティブメディア株式会社

お客様お問い合わせ用
BlasterX.com/AuroraSDK

報道関係者様お問い合わせ用



© SDKの内容やシステム要件等は予告無く変更される場合があります。実際の商品は掲載写真とは異なる場合があります。