We use cookies, which are small text files, to improve your experience on our website and to show you personalized content. You can allow all or manage them individually.

Promo
10,800円
購入
Creative T60を購入

Creative T60

クリエイティブ ティー60

Sound Blaster技術でオーディオを強化したHi-Fiデスクトップスピーカー、スマートなボイスコミュニケーションが行える便利機能も利用可能

デモ

製品の特長

概要

Creative T60は、コンパクトなボディでパワフルなサウンドと豊かな低音を実現、Sound Blasterで長年培ったUSBオーディオとCreativeのオーディオ処理技術で音質の強化やスマートなボイス コミュニケーションが行える、USBオーディオ内蔵のHi-Fi デスクトップ PCスピーカーです。

2.75インチ フルレンジ ドライバーと内蔵デジタル アンプによる最大60Wのパワフル サウンド、サブウーファー無しでも低音を強化して豊かなサウンドをお届けするBasXPort技術によって、明瞭なボーカルや奥行きとバランスの取れたHi-Fiオーディオお届けします。

また、スピーカー サウンドにはSound Blasterオーディオ処理技術によるオーディオ エンハンスメントが適用可能。インテリジェントに人の声をよりクリアーにするClear Dialogと、音に包み込まれる様なサラウンド サウンドを実現するSurroundによって、デスクトップに素晴らしいオーディオ体験をお届けします。

Creative T60は、有線接続によるアナログ ソースはもちろん、Bluetooth®接続にも対応しており、ヘッドホン端子のないスマートフォンからのオーディオも手軽にワイヤレス再生※1が可能です。USBオーディオにも対応しており、PC/MacのUSBポートに接続して、高音質なUSBデジタル オーディオ再生も行えます。

また、Creative T60には、ヘッドセット端子※2/マイク端子※3を備えており、PC/MacとのUSB接続時や、スマートフォンとのBluetooth接続での通話(HFPプロファイル利用時※4)の際に、お手持ちのヘッドセット※5(またはイヤホン&マイク)をCreative T60と接続して音声通話も可能、在宅ワークでのビデオ会議やオンライン ボイス コミュニケーションにご活用いただけます。もちろん、ヘッドホン/イヤホン※5を接続してプライベート リスニングも行えます。

さらに、Windows PCでCreative T60のUSBオーディオ※6を介してボイス コミュニケーションを行う際は、ビデオ会議やボイス チャットでの音声通話で発生する問題を改善し、オンライン コミュニケーションをより便利に、そして快適に行えるCreative アプリのSmartComms Kit/スマート コミュニケーション キットの便利な機能 ― 発言する時だけマイクが有効に、発言しない時はマイクが無効となるVoiceDetect※7機能、自分側の背景ノイズ音のみならず、通話相手側の背景ノイズ音をも低減して声を聴きやすくするNoiseClean機能※8 ― が利用できます。

在宅ワークでのPCオーディオ再生やビデオ会議などのオンライン ボイス コミュニケーション、スマートフォンでのワイヤレス再生など、ニューノーマル時代のデスクトップPCスピーカーとしてCreative T60をご活用下さい!

 

製品レビューご紹介

Creative T60(USB DAC/Bluetooth搭載スピーカー)レビュー

Creative T60開封&使用レビュー!T10との違い・進化を解説

オーディオ

スピーカー サウンドをSound Blaster技術で強化

Creative T60には、Sound Blasterで長年培ったUSBオーディオとCreativeのオーディオ処理技術を搭載しており、スピーカー サウンドをオーディオ エンハンスメントによって強化することが可能です。

インテリジェントに人の声をよりクリアーにするClear Dialogと、音に包み込まれる様なサラウンド サウンドを実現するSurroundによって、デスクトップに素晴らしいオーディオ体験をお届けします。

Clear Dialog

壮大なシネマ サウンドでも、セリフが聞き取れないとストーリーを追うことができません。また、音楽もボーカルの声が聞こえないとお気に入りの曲も台無しです!

Clear Dialogはインテリジェントなアルゴリズムによって人の声を強化、ボーカルやセリフをよりクリアーに聞こえるようにします。

Surround

Surroundは、Sound Blasterのオーディオ フィルターによって入力オーディオの空間的な情報を識別して強化する技術です。

これにより、あらゆるオーディオ ソースの空間的な音の広がりを拡張し、音に包み込まれ没入感のあるサラウンド サウンドを実現します。

コンパクトでもパワフルで豊かなサウンドを実現

明瞭なボーカル再現を備えた2.75インチのフルレンジ ドライバーとデジタル アンプをコンパクトなボディに内蔵、最大60Wのパワフル サウンドを再生します。

また、スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出すよう音響学的にデザインされ、明瞭な低音域を再生する改良されたBasXPort™ を搭載、サブウーファー無しでも低音を強化して豊かなサウンドを再生します。

接続性

3つのオーディオ ソースに対応

Creative T60は、有線接続によるアナログ ソースはもちろん、Bluetooth®接続やUSB接続にも対応しています。

また、ヘッドセット端子※2/マイク端子※3を備えており、PC/MacとのUSB接続時や、スマートフォンとのBluetooth接続での通話(HFPプロファイル利用時※4)の際に、お手持ちのヘッドセット※5(またはイヤホン&マイク)を利用した音声通話も可能、ヘッドホン/イヤホン※5を接続してプライベート リスニングも行えます。


USB-C オーディオ

PC/MacのUSBポートに接続して、高音質なUSBデジタル オーディオ再生が行えます。

ワイヤレスBluetooth 5.0

最新のBluetoothバージョン 5.0に対応、スマートフォンやタブレットなどからワイヤレス再生※1が楽しめます。

アナログ

3.5mm AUX入力を備えており、オーディオ プレーヤーやテレビなどの高音質スピーカーとしてもお使い頂けます。

ヘッドホン/ヘッドセット

お手持ちのイヤホン/ヘッドホン※5を接続してプライベート リスニングが行えます。また、マイク付ヘッドセット※2を接続して音声通話も可能です。

マイク

マイク付ヘッドセットのマイクの代りに、PC用マイク※3を使用することも可能です。

コミュニケーション

よりスマートなボイス コミュニケーション

Windows PCでCreative T60のUSBオーディオ※6を介してボイス コミュニケーションを行う際は、ビデオ会議やボイス チャットでの音声通話で発生する問題を改善し、オンライン コミュニケーションをより便利に、そして快適に行えるCreative アプリのSmartComms Kit/スマート コミュニケーション キットの便利な機能 ― 発言する時だけマイクが有効に、発言しない時はマイクが無効となるVoiceDetect※7機能、自分側の背景ノイズ音のみならず、通話相手側の背景ノイズ音をも低減して声を聴きやすくするNoiseClean機能※8 ― が利用できます。

VOICEDETECT
発言時だけマイクが有効に

ビデオ会議でのマナーとして、発言者以外はマイクを消音とするルールが決められていませんか? こんなときに、急に発言を求められマイクを有効にしようとして慌てた事や、グループ ディスカッションでマイクを消音にしたままで話してしまった、という経験があるのではないでしょうか。

スマート コミュニケーション キットのVoiceDetect機能※7は、あなたの声を検知して自動でマイクをオン/オフするので、発言時のマイクの入れ忘れや、他者の発言時に不要な音声の混入を防ぎます。話す前や、話し終えた際に、いちいち操作をする必要はありません!

NOISECLEAN
双方向ノイズ キャンセレーション

音声通話にとって、話す側であっても、聞く側であっても、話者周辺の不要な背景ノイズは通話の妨げとなります。

例えば、あなた側の周囲で掃除機の音や、扇風機や送風機、エアコン、空気清浄機などの空調機器の動作音がしている最中は、通話相手はあなたの声が聞き取りにくくなり、あなたにもっと大きな声で喋るよう頼むかもしれません。また、通話相手の声が、いくら大きい声で喋ってもらっても背景音に紛れて聞きにくい場合は、あなた側で音量を大きくしなければ、相手の声を聞き分けることができないかもしれません。

こんな場合に、NoiseClean-Out機能※8やNoiseClean-in機能※8をオンにすれば、あなた側や通話相側の環境に常在するような背景ノイズ音を減少させ、より聞き取りいやすい声を届けます。

WINDOWS 10でのセットアップ方法
X

CREATIVE T60でSmartComms Kitを利用するには:

ステップ1:

Creative T60をコンピューターのUSB-Cポートに接続します。

お使いのコンピューターにUSB-A ポートしか存在しない場合は、専用のUSB-C to USB-A変換アダプターを利用して接続します。

ステップ2:

Creative アプリをダウンロードして、コンピューターにインストールします。

新規ユーザーの方はアカウントの作成をお勧めします。

既に他のCreative ソフトウェア(Sound Blaster ConnectやSound Blaster Command)で使用中のアカウントをお持ちの場合は、そのアカウントでログインすることもできます。

ステップ3:

Creative アプリよりSmartComms Kit/スマート コミュニケーション キットを開き、必要に応じてスマート コミュニケーション キットの機能をオンにします。

以上で完了です!

アドバンスド セッティングでは、VoiceDetectやNoiseCleanを個別にオン/オフしたり、音声の検出や背景ノイズの低減に問題がある場合、ご自身でこれらの機能をカスタマイズしたい場合などは、自動調整プションを無効にして、各種設定を手動で調整することが可能です。

VOICEDETECT

通話中に、自身の声を声知して自動でマイクを有効/無効にします

1. VoiceDetect機能:
このスイッチでVoiceDetect機能をオン/オフします。VoiceDetectを利用するには、オーディオ デバイスのマイク ミュートを解除しておく必要があります。VoiceDetect機能が有効な場合、マイクで音声を検出した際にマイクが自動的に有効となり、無音を検出した場合にはマイクを自動的に無効にします。
2. VoiceDetectを動作させるための声の音量を指定します。‘ソフト’ に設定すると、優しく話してもVoiceDetectが動作します。‘ラウド’ に設定すると、VoiceDetectで自動的にマイクを有効にするために、より大きな声で話す必要があります。
3. この機能を使用する際の、一番ふさわしいと思う現在の環境ノイズ レベルを指定します。
4. 使用中のマイクのタイプを選択します。話す際の声の検出とピックアップの制度が向上します。
5. 話をやめた後の、マイクを自動的にミュートするまでの時間を指定します。
6. 通常は自動調整オプションを有効にしてお使い下さい。音声の検出に問題がある場合や、機能をカスタマイズしたい場合などはこのオプションのチェックを外します。

NOISECLEAN-OUT

双方向ノイズ キャンセレーション – 自分側の背景ノイズ抑制

7. NoiseClean-out 機能:
この機能を有効にすると、通話中の不要な背景ノイズ(自分側から相手側)を低減します。NoiseClean-outを有効にすると、環境に常在するような背景ノイズ音を減少させ、通話相手により聞きやすい声をお届けします。
8. 現在の背景ノイズに基づき、低減したいノイズのレベルを指定します。例えば、誰かが近くでドライヤーなどを使用している場合は ‘高’ に設定することをお勧めします。ノイズ源が遠くにあり、音量がさほど大きくない場合は ‘低’ に設定することをお勧めします。
9. 通常は自動調整オプションを有効にしてお使い下さい。背景ノイズの低減に問題がある場合や、機能をカスタマイズしたい場合などはこのオプションのチェックを外します。

NOISECLEAN-IN

双方向ノイズ キャンセレーション – 相手側の背景ノイズ抑制

10. NoiseClean-in 機能:
この機能を有効にすると、通話中の不要な背景ノイズ(相手側から自分側)を低減します。NoiseClean-inを有効にすると、通話相手の背景ノイズ音を減少させ、相手の声をより聞き取りやすくします。
11. 通話から聞こえる背景ノイズ基づき、低減したいノイズのレベルを指定します。例えば、通話相手の背景ノイズが大きい場合は ‘高’ に設定することをお勧めします。聞こえるノイズがぼんやりと遠くから聞こえる場合は ‘低’ に設定することをお勧めします。
12. 通常は自動調整オプションを有効にしてお使い下さい。背景ノイズの低減に問題がある場合や、機能をカスタマイズしたい場合などはこのオプションのチェックを外します。

利便性

スピーカーとヘッドホンを切り替え

お気に入りの音楽を聞きながらの作業中に、ビデオ会議への招待や着信があっても、スピーカーにヘッドセットをつなげば、すぐにイヤホン&マイクでの通話が可能。通話が終了してヘッドセットを外せばスピーカー再生に戻ります。

ヘッドホン/イヤホンやヘッドセットを接続したままでも、ワンボタンで出力先をヘッドホンとスピーカーで切り替えることもできます。

便利なフロントアクセス

電源オン/オフやオーディオ ソースの切替、音量調節、内蔵オーディオ エンハンスメントのオン/オフ、スピーカー/ヘッドホンの切り替えが、右スピーカー前面で行え便利です。

操作ガイド

LED消灯時

1度押し:電源オン


LED点灯時 1度押し

LED紫点灯:USBオーディオ

LED青点滅:Bluetooth(ペアリング待ち)

LED青点灯:Bluetooth(接続済み

LED水色点灯:AUX


LED点灯時 2秒長押し

LED消灯:電源オフ

1度押し

LED白点灯:Surround オン

LED消灯:Surround オフ


2秒長押し

スピーカー/ヘッドホン切替(ヘッドホン/ヘッドセット接続時)

1度押し

LED白点灯:Clear Dialog オン

LED消灯:Clear Dialog オフ

LED消灯時

1度押し:電源オン


LED点灯時 1度押し

LED紫点灯:USBオーディオ

LED青点滅:Bluetooth(ペアリング待ち)

LED青点灯:Bluetooth(接続済み

LED水色点灯:AUX


LED点灯時 2秒長押し

LED消灯:電源オフ

1度押し

LED白点灯:Surround オン

LED消灯:Surround オフ


2秒長押し

スピーカー/ヘッドホン切替(ヘッドホン/ヘッドセット接続時)

1度押し

LED白点灯:Clear Dialog オン

LED消灯:Clear Dialog オフ

デザイン

デスクトップにマッチ

Creative T60は、ノートPCや一体型PC、テスクトップ PCのモニターなど、デスクトップにマッチするシンプルなデザインを採用しています。ブラック カラーでTVサイドにもぴったりです。

※1:A2DPに対応するBluetoothデバイスでのオーディオ再生に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでの動作を保証するものではありません。SCMS-Tには対応していません。

※2:CTIA仕様のイヤホンマイク端子を持つ機器と接続して、ステレオ音声のヘッドホンおよびモノラル音声のマイクとしてお使い頂けます。他の4極プラグ仕様(OMTPなど)に準拠するヘッドセット/ヘッドホンは接続しないで下さい。当製品を使用した際に発生した機器の破損、損傷、故障、紛失等に関しては責任を負いかねます。

※3:ダイナミック マイクには対応していません。マイク入力はオーディオ ソースがUSBまたはBluetooth(HFPプロファイル利用時)でのみ有効です。サウンドの出力先がスピーカーの場合もマイクは利用可能です。マイク入力にマイクを接続した場合、ヘッドセット入出力に接続したヘッドセットのマイクは無効となります。

※4:HFPに対応するBluetoothデバイスや通話アプリでの音声通話に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリ等での動作を保証するものではありません。

※5:ヘッドホンやヘッドセット/付属の延長ケーブルを接続するとサウンドの出力はヘッドホン/ヘッドセットに切り替わります。SurroundおよびClear Dialogエフェクトはスピーカー出力にのみ有効で、ヘッドホン/ヘッドセット出力には適用されません。

※6:一部のソフトウェアでは、音声通話に既定のUSBオーディオ デバイスが優先的に使用される場合があります。Windows PCの場合、コントロール パネルのサウンド設定でCreative T60が既定のデバイス/既定の通信デバイスに設定されているかご確認下さい。Macの場合はシステム環境設定-サウンドの入力タブと出力タブの両方で、使用する機器としてCreative T60が選択されているか確認して下さい。お使いになるビデオ会議ソフトウェアやボイス チャット ソフトウェアによっては、ソフトウェアの設定より音声の出力先やマイク入力を、任意/手動でCreative T60を選択しないと本製品を利用できない場合があります。詳細はお使いのソフトウェアのマニュアル等をご覧下さい。

※7:発言時/非発言時にマイクを有効/無効にする必要がない場合は、VoiceDetect機能をオフにしておくことをお勧めします。VoiceDetect機能を利用する場合は、通常は自動調整オプションを有効にしてお使い下さい。音声の検出に問題がある場合などは、自動調整オプションを無効にして、各種設定を手動で調整することが可能です。また、VoiceDetect機能を利用する場合は、ビデオ会議やボイスチャット ソフトウェアにおいてマイク音声を検出するような機能(声を検出してマイク音声を有効にする様な機能や、自動マイク音量調節機能など)は無効にして下さい。

※8:NoiseClean機能は、扇風機や送風機、エアコン、空気清浄機、加湿器、掃除機、ドライヤー、電気ひげ剃り、さらには芝刈り機などの環境に常在するような背景ノイズ音の低減に適していますが、すべての背景ノイズを低減したり、完全に除去するものではありません。自分側および/または相手側に背景ノイズ音がない、または少ない場合は、NoiseClean-out機能および/またはNoiseClean-in機能をオフにしておくことをお勧めします。NoiseClean機能を利用する場合は、通常は自動調整オプションを有効にしてお使い下さい。背景ノイズの低減に問題がある場合などは、自動調整オプションを無効にして、各種設定を手動で調整することが可能です。また、NoiseClean機能を利用する場合は、ビデオ会議やボイスチャット ソフトウェアにおけるノイズを低減するような機能(ノイズ抑制や背景雑音抑制など)は無効にして下さい。ビデオ会議ソフトウェアやボイス チャット ソフトウェアの通話音声品質によっては、NoiseClean機能によるノイズ低減の効果が変化する場合があります。

製品詳細

製品の仕様

  • スピーカー構成:2チャンネル スピーカー
  • 外形寸法(L x W x H):
    約147 x 92 x 199mm (左サテライト スピーカー)
    約157 x 92 x 199mm (右サテライト スピーカー)
  • 重量:約1.9kg (左右サテライト スピーカー)
  • スピーカー出力:総合30W RMS / ピーク出力60W
  • 周波数特性:50Hz~20kHz
  • SN比:75dB
  • 再生モード:USB、Bluetooth、AUX
  • Bluetooth※1
    バージョン:Bluetooth 5.0
    プロファイル:A2DP(ワイヤレス ステレオBluetooth)、HFP(ハンズフリープロファイル)
    コーデック:SBC
    通信距離:約10m(見通し距離)
  • コントローラ:音量調節ノブ、電源/ソース切替/Bluetoothペアリング ボタン、Surround/出力先切替ボタン、Clear Dialogボタン
  • 端子:ヘッドホン出力(φ3.5mm)※2/ヘッドセット入出力(φ3.5mm 4極)※2※3※4、マイク入力(φ3.5mm)※4、USB-C、AUX入力(φ3.5mm)、左サテライト スピーカー出力、電源入力
  • 電源:DC 18V / 2A

※1:A2DPに対応するBluetoothデバイスでのオーディオ再生に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでの動作を保証するものではありません。SCMS-Tには対応していません。HFPに対応するBluetoothデバイスでの音声通話に対応していますが、すべてのBluetoothデバイスやアプリでの通話を保証するものではありません。A2DPとHFPの双方のプロファイルに対応するデバイスと接続している場合、お使いのデバイスによってはHFPでの音声通話が優先され、A2DPによるオーディオ再生は中断される場合があります。

※2:ヘッドホンやヘッドセット/付属の延長ケーブルを接続するとサウンドの出力はヘッドホン/ヘッドセットに切り替わります。SurroundおよびClear Dialogエフェクトはスピーカー出力にのみ有効で、ヘッドホン/ヘッドセット出力には適用されません。ヘッドホン/ヘッドセットを接続するとサウンドの出力はヘッドホン/ヘッドセットに切り替わります。ヘッドホン/ヘッドセットを接続したままサウンド出力をスピーカーに切り替えることも可能です。

※3:CTIA仕様のイヤホンマイク端子を持つ機器と接続して、ステレオ音声のヘッドホンおよびモノラル音声のマイクとしてお使い頂けます。他の4極プラグ仕様(OMTPなど)に準拠するヘッドセット/ヘッドホンは接続しないで下さい。当製品を使用した際に発生した機器の破損、損傷、故障、紛失等に関しては責任を負いかねます。

※4:ダイナミック マイクには対応していません。マイク入力はオーディオ ソースがUSBまたはBluetooth(HFPプロファイル利用時)でのみ有効です。サウンドの出力先がスピーカーの場合もマイクは利用可能です。マイク入力にマイクを接続した場合、ヘッドセット入出力に接続したヘッドセットのマイクは無効となります。

必要なシステム

USB接続/Creativeアプリ(Windows PC)
  • Intel® Core™ i3またはAMD®の同等以上のプロセッサー
  • IntelまたはAMD互換のマザーボード
  • Microsoft® Windows 11, Windows 10 1703以降
  • 1GB以上のシステムメモリー
  • 600MB以上のディスク スペース
  • 使用可能なUSBポート(USB 2.0/3.0)
  • インターネット接続(ソフトウェア等のダウンロードやユーザー登録、サポートを受ける際に必要)
USB接続(Mac)
  • macOS X バージョン10.12以降
  • 1GB以上のシステムメモリー
  • 使用可能なUSBポート(USB 2.0/3.0)
Bluetooth接続
  • Bluetooth 5.0互換でA2DP(音楽再生)プロファイルまたはHFP(音声通話)プロファイルに対応するBluetooth搭載のiOSデバイス、Androidデバイス、Windows PC/Macなど
アナログ接続
  • 3.5mmステレオ出力端子を備えたWindows PC/Mac、PCモニターやテレビなど

* 動作条件を満たしている場合でも、すべて機器での動作や機能を保証するものではありません。カスタマーサービス/テクニカルサポートを受けるにはインターネットより弊社ホームページ jp.creative.com/support/ にアクセスする必要があります。ファームウェアをアップデートする場合はWindows PCが必要になる場合があります。

製品の内容

  • 左サテライト スピーカー(ケーブル直付 約2m)
  • 右サテライト スピーカー
  • 電源アダプター(約1.5m)
  • 電源プラグ(他国/地域対応プラグが含まれる場合があります)
  • USB Cケーブル(約1.2m)
  • 専用USB Type C-A 変換アダプター
  • ライン接続ケーブル(約1.2m)
  • ヘッドセット延長ケーブル(4極、約30cm)
  • クイック スタート ガイド/ハードウェア保証書

* 付属のUSB-C to USB-A変換アダプターは当製品でUSBデータ転送を行うものであり、USB-PD等での充電には対応していません。本製品以外には使用しないで下さい。Creative製ソフトウェアはダウンロード提供となります。

製品保証

1年間の製品保証

限定バンドル品

  • ホーム
  • 国 / 地域を変更: